猫を飼う際にはどれくらいの費用が必要となるのかよく考えよう

以前はペットとして飼われる数は猫よりも犬のほうが断然多かったものですが、近年はさほどの差はなくなってきています。
これにはお年寄りが動物を飼う場合、散歩など手間のかかる犬よりも手間のかかりにくい猫のほうがペットとして好まれるという現在の高齢化社会の影響もあるといわれています。

飼い始めに掛かる費用

さて、これから猫を飼おうと思っている人も多いかとも思いますが、その際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。
まず、飼い始めに掛かる費用としては、健康診断費用と混合ワクチン接種費用、そして生活に必要な猫用トイレや猫用シャンプー、首輪、ブラシ、食器、ハウスなどやおもちゃといったものが挙げられます。
健康診断にかかる費用は地域や病院、そしてどのような検査を受けるかによっても異なります。
検査内容は体重測定、体温測定、便検査、血液検査、尿検査、エックス線検査、そして心電図検査くらいが一般的で、これらにオプション検査を行なうと費用がプラスされます。
これらは計15,000円から20,000円程度で、これに猫の購入費が掛かります。

飼い始めてからかかる費用

次に飼い始めて毎年必要な費用としては、食費、おやつ、猫砂、爪とぎ、そのほかの消耗品が掛かります。
食費はドライフードにするかウェットフードにするかによって大きな差があります。
ドライフードであれば生活費は年間約65,000円程度、ウエットフードの場合は70,000円程度が加算されます。
これらにプラスして混合ワクチン接種代、ノミダニ予防薬代、健康診断費用として計20,000円ほどを見積もればいいでしょう。

その他臨時に掛かる費用

この他、臨時的に必要になる費用としては、猫の被毛をカットするトリミングに5,000〜10,000円程度が掛かりますし、病気やケガの場合の医療費も必要です。
さらにオス猫であれば去勢手術費に10,000〜20,000円、メス猫なら避妊手術費に15,000〜30,000円くらいの出費となります。
この他にも猫自体に掛かるお金というよりも、ふすまを破られたりソファーに爪とぎをされてボロボロになったり、テレビ台からテレビを落とされたりといった「事故」でお金が必要なこともあります。
猫を飼う前には、これらの費用についてしっかり考慮しておく必要があるでしょう。

こちらもぜひ♪

Copyright © 敷地の広い家にオススメなちょっとレアなペットをご紹介♪体も大き過ぎず、広ささえあれば飼うことができます, All rights reserved.