少しややこしい?ペット葬儀の大まかな流れをチェックしよう

人間と同様に、ペットを供養できるサービスがペット葬儀です。ペットが死んだ際には火葬をしてもらえますので、利用を考えてみてはいかがでしょうか。しかし、ペット供養は少し特殊ですので、利用にあたっては流れを知ることが重要です。

まず業者へ連絡

ペットが亡くなったら、遺体を安置し、ペット葬儀業者へ連絡を入れます。業者によっては翌日来る場合もありますので、必要に応じて遺体の冷却も行いましょう。

ペットの搬送方法を確認

業者へ葬儀の予約・連絡をする際、ペットの搬送方法を確認する必要があります。自ら車で運ぶ場合もあれば、業者が引き取りに来てくれる場合もあります。また、自宅で火葬することもありますので、必ず確認しておきましょう。

葬儀を行う

ペット葬儀業者に連絡したら、指定した日に業者が葬儀を行います。葬儀前にペットの遺体を納棺し、式場に安置したら最後のお別れです。この際、生前に愛用していたおもちゃなどを納棺できる場合もありますので、確認しておくと良いでしょう。

遺体を火葬

ペットとのお別れが済んだら、いよいよ遺体の火葬です。火葬方法は合同火葬や個別火葬、あるいは家族が集まる家族葬など、業者によって様々なサービスがあります。また、移動火葬車の場合は火葬する場所を選べる業者もありますので、生前好きだった場所や散歩コースなど、思い出の場所を選ぶのも良いでしょう。

納骨・永代供養

ペットの火葬後はペット霊園へ納骨したり、永代供養を行います。ただし、合同火葬では返骨が無い場合もあるため、業者に相談して決めると良いでしょう。いずれにせよ、霊園へ入れるか返骨してもらうかは火葬方法によって変わります。

不明点は業者へ確認を

ペット葬儀は業者によって流れが変わったり、葬儀の方法が異なる場合もあります。利用の際は業者が説明してくれますが、もし分からないことがあれば聞いておきましょう。後でトラブルにならないよう、不明点は確認することが重要です。

こちらもぜひ♪

Copyright © 敷地の広い家にオススメなちょっとレアなペットをご紹介♪体も大き過ぎず、広ささえあれば飼うことができます, All rights reserved.