猫を飼う際にはどれくらいの費用が必要となるのかよく考えよう

以前はペットとして飼われる数は猫よりも犬のほうが断然多かったものですが、近年はさほどの差はなくなってきています。
これにはお年寄りが動物を飼う場合、散歩など手間のかかる犬よりも手間のかかりにくい猫のほうがペットとして好まれるという現在の高齢化社会の影響もあるといわれています。

飼い始めに掛かる費用

さて、これから猫を飼おうと思っている人も多いかとも思いますが、その際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。
まず、飼い始めに掛かる費用としては、健康診断費用と混合ワクチン接種費用、そして生活に必要な猫用トイレや猫用シャンプー、首輪、ブラシ、食器、ハウスなどやおもちゃといったものが挙げられます。
健康診断にかかる費用は地域や病院、そしてどのような検査を受けるかによっても異なります。
検査内容は体重測定、体温測定、便検査、血液検査、尿検査、エックス線検査、そして心電図検査くらいが一般的で、これらにオプション検査を行なうと費用がプラスされます。
これらは計15,000円から20,000円程度で、これに猫の購入費が掛かります。

飼い始めてからかかる費用

次に飼い始めて毎年必要な費用としては、食費、おやつ、猫砂、爪とぎ、そのほかの消耗品が掛かります。
食費はドライフードにするかウェットフードにするかによって大きな差があります。
ドライフードであれば生活費は年間約65,000円程度、ウエットフードの場合は70,000円程度が加算されます。
これらにプラスして混合ワクチン接種代、ノミダニ予防薬代、健康診断費用として計20,000円ほどを見積もればいいでしょう。

その他臨時に掛かる費用

この他、臨時的に必要になる費用としては、猫の被毛をカットするトリミングに5,000〜10,000円程度が掛かりますし、病気やケガの場合の医療費も必要です。
さらにオス猫であれば去勢手術費に10,000〜20,000円、メス猫なら避妊手術費に15,000〜30,000円くらいの出費となります。
この他にも猫自体に掛かるお金というよりも、ふすまを破られたりソファーに爪とぎをされてボロボロになったり、テレビ台からテレビを落とされたりといった「事故」でお金が必要なこともあります。
猫を飼う前には、これらの費用についてしっかり考慮しておく必要があるでしょう。

子供ができたらペットと一緒に過ごすことはできないのでしょうか?

犬を飼っていくうえでよく聞く話題として
「子供ができたら犬を手放さないといけないのか」というのがあります。
赤ちゃんはデリケートでか弱いので、やはり真っ先に考えてしまいますよね。

基本的にはそのような必要はないと考えられる

アレルギーなどでどうしても一緒にいられない、などの場合はともかく、基本的にはしつけがしてあればそのようなことはないと思います。
実際に我が家でも、問題になったことはありません。
犬からすると新しく群れに入ってきた小さいの(赤ちゃん、というのもひょっとしたらしっかり理解しているのかもしれません)なので
多少子供がちょっかいをかけても怒らずに我慢してくれていると思います。
我が家の犬はそれほどしっかりしつけられていたわけではなく、噛んだりはしないもののおもちゃを取ろうとしたら威嚇してきたりしていましたが、
赤ちゃんが生まれてからはお兄ちゃん気分でそういった行動は減ったと思います。

ペットは友達で、保護者で、そして教師

群れの中で守るべき存在だからなのでしょうか、泣いていると教えてくれますし、遊び相手にもなってくれます。
お客さんが来たりすると近寄らせないように威嚇している(しなくても大丈夫なのですが(汗))のを見ると、ちゃんと守ろうとしてくれているんだなって思います。
また、よく言われるのが情操教育にいいといわれますね。
小さなころから生き物に触れることで、学べることは多いと思います。
そして、(悲しいことではありますが)大抵の場合、思春期の頃に身をもって命の大切さを学ばせてくれます。
(もっとも、これに関しては犬が10年生きれば大往生くらいの時代の話で、今は何事もなければもっと生きますので、生まれるのに合わせて飼うとずれる気はしますが)
子供が生まれたら犬を飼え、とはよく聞く言葉ですね。
昔から言われていますが、実際に子供と犬が一緒にいると、なるほどなあ、と思います。
実際に合わせて飼い始めるかはともかく、少なくとも子供ができたから手放さなければならない、ということは基本的には
ないと思っていても問題ないと思います。

飼いやすい犬といっても人それぞれ、目的によって選びましょう

ペットを飼う人は非常に多く、今や日本の約3割が何らかのペットを飼っているといわれます。
その中で特に犬の人気は高く、飼われている数はいろいろなペットの中で一番を保っています。
これから犬を飼ってみたいと思っている人もたくさんいることでしょう。

散歩が少なくて済む犬、抜け毛の少ない犬

しかし、いざ飼おうと思ったときに悩むのがどの種類を飼うかという点です。
特にはじめてなら飼いやすい犬にしたいと考えるものですが、この「飼いやすい」という基準は人によりさまざまですし、どのような目的で飼おうと思っているかによって異なるからです。
ここでは目的別に飼いやすい犬を紹介しましょう。
まず犬に散歩は不可欠ですが、あまり時間がない、体力に不安があるといった人なら散歩量が少なくて済む犬のほうがいいでしょう。
基本的に、犬の大きさに比例して散歩の量は増えます。
したがって小型犬のほうが好ましく、チワワやポメラニアン、シーズー、フレンチブルドッグ、ペキニーズなどがおススメです。
次に抜け毛の少ない犬です。
最近は室内飼いが多くなっていますが、その際に抜け毛はやはり気になるもの、特に小さいお子さんのいる家庭なら抜け毛の少ない犬を求められることが多いようです。
トイプードルやヨークシャーテリア、マルチーズ、パピヨンといった種類は比較的抜け毛が少なめです。
ただまったく抜けないわけではないし、こまめにブラッシングをすれば抜け毛が多い種類でもさほど気になることはないようになるかと思いますよ。

臭いの少ない犬、しつけやすい犬

そしてやはり室内飼いとなると臭いも気になりますよね。
比較的臭いの少ない犬種としては、トイプードル、フレンチブルドック、パピヨン、ミニチュアシュナウザーなどが挙げられます。
犬の臭いは体から分泌される皮脂や汚れの付着、口臭、さらに便にも原因があるので、日ごろからしっかりシャンプーをするなどでかなり予防できます。
また、しつけのしやすさも大事ですよね。
ただ「かわいい」だけで飼い始めてから、しつけが難しいのに気づいては大変です。
トイレや外出など、しつけの必要なシーンはたくさんあります。
もちろん個体によって差はありますが、遺伝や特性などに大きく影響されます。
トイプードルやゴールデンレトレバー、ラブラドールレトレバー、ボーダーコリー、シェットランドシープドッグなどはしつけのしやすい犬種です。
一般的に「賢い」といわれる種類はしつけやすいのですが、「賢い」=「飼いやすい」ということにはなりません。

少しややこしい?ペット葬儀の大まかな流れをチェックしよう

人間と同様に、ペットを供養できるサービスがペット葬儀です。ペットが死んだ際には火葬をしてもらえますので、利用を考えてみてはいかがでしょうか。しかし、ペット供養は少し特殊ですので、利用にあたっては流れを知ることが重要です。

まず業者へ連絡

ペットが亡くなったら、遺体を安置し、ペット葬儀業者へ連絡を入れます。業者によっては翌日来る場合もありますので、必要に応じて遺体の冷却も行いましょう。

ペットの搬送方法を確認

業者へ葬儀の予約・連絡をする際、ペットの搬送方法を確認する必要があります。自ら車で運ぶ場合もあれば、業者が引き取りに来てくれる場合もあります。また、自宅で火葬することもありますので、必ず確認しておきましょう。

葬儀を行う

ペット葬儀業者に連絡したら、指定した日に業者が葬儀を行います。葬儀前にペットの遺体を納棺し、式場に安置したら最後のお別れです。この際、生前に愛用していたおもちゃなどを納棺できる場合もありますので、確認しておくと良いでしょう。

遺体を火葬

ペットとのお別れが済んだら、いよいよ遺体の火葬です。火葬方法は合同火葬や個別火葬、あるいは家族が集まる家族葬など、業者によって様々なサービスがあります。また、移動火葬車の場合は火葬する場所を選べる業者もありますので、生前好きだった場所や散歩コースなど、思い出の場所を選ぶのも良いでしょう。

納骨・永代供養

ペットの火葬後はペット霊園へ納骨したり、永代供養を行います。ただし、合同火葬では返骨が無い場合もあるため、業者に相談して決めると良いでしょう。いずれにせよ、霊園へ入れるか返骨してもらうかは火葬方法によって変わります。

不明点は業者へ確認を

ペット葬儀は業者によって流れが変わったり、葬儀の方法が異なる場合もあります。利用の際は業者が説明してくれますが、もし分からないことがあれば聞いておきましょう。後でトラブルにならないよう、不明点は確認することが重要です。